ふくおかフィナンシャルグループ本社ビル

更なる飛躍を担うAV設備

新本社ビルの大講堂、会議室など計5部屋のAVシステムを施工。
「各部屋のシステムを最大限に生かした操作の統一」をコンセプトに。

学園2号館 外観

 福岡の中心部に位置しつつ、北側には博多湾、南側には新緑豊かな大濠公園・舞鶴公園を眼下に臨める豊かな環境下に『ふくおかフィナンシャルグループ本社ビル』が完成しました。
 ふくおかフィナンシャルグループは『福岡銀行』『熊本ファミリー銀行』に加え、2007年10月1日から『親和銀行』が傘下に入り、福岡・熊本及び長崎県を核に九州を営業基盤とする地域金融グループを作っています。

 ふくおかフィナンシャルグループ、そして、福岡銀行の本部機能の集約。その一端を担うべく、今回ESCが施工を行ったのは、2階の「大講堂」、3階の3部屋の会議室「C01~C03」、そして12階の「取締役会室」の計5部屋です。

大講堂

大講堂:室内後方では補助用ディスプレイも活躍します

 黒と白を基調とした落ち着きあるこの部屋は、主に各種講演会や内覧会などで利用され、最大600名以上の収容が可能です。室内正面に設置されたスクリーンより、120インチサイズの映像が提示されます。この部屋は、室内正面と対称の位置にも、同様の設備が導入されています。このため、中央に設置されたパーティションで部屋を分割した場合にも、全体で使用する際とほぼ同様のシステムを双方の部屋で利用でき、使用目的や規模に応じたフレキシブルなシステム運用が可能となっています。

会議室

 各会議室では、社内での会議やプレゼンテーションはもちろん、熊本・長崎・東京などの各拠点とも様々な会議が執り行われます。これまで単独で使用していたテレビ会議設備をプロジェクタやスピーカなどの一般的なAV設備と連動させることで相互間のカメラ映像はもちろん、パソコンなどのデータ資料の配信なども可能となり、各拠点との情報交換の場として、より発展した会議室が完成しました。

  • 会議室(CO1&CO2)室内にはスクリーンやスピーカに加え、TV会議装置や音声会議(C02のみ)用のマイクが並びます
操作卓:システム起動時にはFFG(ふくおかフィナンシャルグループ)のロゴが表示されます

 今回AV設備を導入した5部屋は、全て部屋の用途や目的が異なるため、必然とシステムの構成も異なります。「各部屋のシステムを最大限に生かした操作の統一」をコンセプトにシステム構築を行うため、各部屋との整合性を図った上で、操作卓の形状や実装する機器を統一、また、タッチパネルの操作仕様も統一することで、誰がどの部屋を使用した場合にも、システムを利用される方が戸惑うことなく快適に運用できるシステムが実現しました。

 「1度説明を受けただけですが、私にも簡単に扱うことができそうな設備ですね」とおっしゃったのは、取材に応じて頂いた福岡銀行 総務広報部の坂下氏。同時に、「数年後を想像できない程に目まぐるしく発展して行くAV業界の中で、より手軽で、より身近な設備を追求して下さい」と期待の言葉も頂きました。
 今回の取材で、お客様の求めるモノと、私たちが探求すべきモノの一致を身近で再確認することができました。更なる飛躍のため、また新たな意欲が湧いてきます。

稲津 義大 2008年8月28日社内報掲載

関連するソリューション
AVプレゼンテーションシステム 自分の考えを的確に伝え、相手を惹きつけるプレゼン環境つくり
テレビ会議システム AVシステムインテグレーターがご提案するテレビ会議システム
ホールAVシステム 感動を与える映像、感性に響く音声

お問い合わせ

関連する導入事例
新潟薬科大学 新津キャンパス 可動間仕切りにより、全体・2分割・3分割と形態を変えることがでる多目的講義室。その形態に合わせてAV設備もシステムの切替えが可能なように構築。
九州大学ビデオアーカイブ 県内各所に複数のキャンパスを持つ九州大学。今回は東京・神戸の他大学及び海外3校を交えた最大6拠点での講義システムを構築。
東京証券取引所 『ペーパーレス会議システム』や音声認識による『議事録作成支援ソフト』を導入。資料印刷の経費を削減する以外にもメリットを実感。