ニフティ株式会社 新宿フロントタワー入居プロジェクト

より積極的な情報発信を

新宿フロントタワービルに本社を移転。
受付の6面マルチ液晶ディスプレイや会議室のプレゼンテーションシステムなどを導入。

 ニフティ株式会社は、2011年12月26日、新宿フロントタワービルに本社を移転しました。 本社移転にあたり、ESCは来訪者向けと社内向けのインフォメーションシステム、セミナー・会議室などのプレゼンテーションシステムを導入しました。

受付の6面マルチディスプレイ
マルチ液晶ディスプレイ
次々とコンテンツが切り替わります
会議室の横に設置されているので来訪者を案内してくれているように見えます

 18階受付でまず目に入るのが、60インチ6面(3×2)のマルチ液晶ディスプレイです。取材時は様々な人々の歩いていく様子が次々と映し出されていました。そこにはお客様と一緒に歩んでいく、ニフティの経営理念である「ニフティとなら、きっとかなう。With Us,You Can.」のメッセージが込められています。

 一方、社内のミーティングスペースや執務スペースには社内向けのインフォメーションディスプレイを多数配置し、お知らせやイベント情報などを表示しています。もともと社内での情報共有の手段としてグループウェアなどを活用していましたが、活用する人としない人で認知にばらつきがあり、うまく共有されていないことがありました。インフォメーションディスプレイで積極的に情報発信を行うことで、情報に触れる機会を増やし、よりスムーズな共有を図っています。

 社内外のイベントや会議を行うこともあるセミナー室やオープンミーティング、大会議室の各室には複数のプロジェクタが設置され、有線・無線でのパソコン提示を中心としたプレゼンテーションシステムが導入されています。
 また、その他全ての会議室にディスプレイが設置されており、会議での紙の使用を減らすとともに、社内のどこにおいても映像を活用し活発な議論を行えるような環境が整えられています。

  • セミナーA・B
    全体・分割での使用が可能で、様々なイベントに活用されています
  • ルーム6
    来客スペースに設けられた会議室。晴天時には窓から富士山が見えます

 社内での情報共有や社外への情報発信、それらに積極的に取り組んでいこうという姿が印象的でした。

染谷 直子 2012年3月9日社内報掲載

関連するソリューション
デジタルサイネージ 観る人の感性に響き合うシステムつくりく音声
AVプレゼンテーションシステム 自分の考えを的確に伝え、相手を惹きつけるプレゼン環境つくり

お問い合わせ

関連する導入事例
岡三証券 本社移転プロジェクト 平成23年1月、東京日本橋室町に本社機能の一部を移転。セミナールームでは、高精細で大画面を実現した60インチ4面のマルチ液晶ディスプレイを採用。
株式会社ネクスウェイ パーティションで部屋を最大3分割にできるセミナー会議室。『誰もが手軽に』のツールの一つとしてiPod touchコントロールが使われている。
株式会社セガトイズ 2010年5月の本社移転では従業員も来訪者も、より密接な関係が築ける工夫がオフィスに施されている。エントランスの映写スペースでは来訪者の動きに合わせインタラクティブに映像が動く。