同志社中学校・高等学校 グレイス・チャペル/魁ホール

教会の中で際立つ音響技術

2010年4月、中高統合事業のシンボルともいえる岩倉キャンパスのグレイス・チャペルにAV設備を導入。
チャペル特有の長い残響、そして多様なイベント運営に対応する為に音響設備に様々な工夫がされている。

グレイス・チャペル
250インチスクリーンによる映像鑑賞も可能となっている

 2010年4月、同志社中学校と高等学校が統合した。中高統合事業のシンボルともいえる岩倉キャンパスのグレイス・チャペル。そのAV設備導入にESCは携わることが出来た。

外観
チャペルでは珍しい瓦葺き屋根 景観を重視する京都ならではの特徴だ

 今回のAV設備では音に重点を置いた構築が為されている。取材に当たり、高等学校総務主任の山形先生と、音響プロデュースを担当されたヤマハ株式会社・高橋氏の両名に、改めて特徴を説明して頂いた。
 まずは高橋氏に一般的なチャペル音響の特徴をお聞きした。

「天から音が降り注ぐかの様な厳かな音の響きがチャペル音響の特徴です。これは長い残響時間によって生み出されます。しかし、残響時間が長くなれば音の明瞭度は低下し、話す内容が聞き取り辛くなるという欠点があります」

スピーカ内蔵の説教台
同志社高等学校 山形先生
ヤマハ(株) 高橋氏

 なるほど、朝の礼拝に必要な残響を重視すると、式典やイベントの運用が成り立たない。かといってチャペル特有の響きの無い空間では意味がない。この2つの運用を両立させるべく、今回の計画では大きく分けて3つの手法を用いている。

1. ラインアレイスピーカ
 「残響時間が長いので、機械音響は兎に角明瞭度を高くする必要があります。そこで、距離による音の減衰が少ないラインアレイスピーカを採用し、聴く人の耳へダイレクトに音を届けることで、残響時間の長い空間でも、高い明瞭度を確保しています」 因みに、近年日本のチャペルでは、ラインアレイスピーカの導入が主流になりつつある。

2. スピーカ内蔵説教台
 反響の強い空間の為、聴衆の意識が前方の講演者からそれ易い。そこで講演者の立つ説教台からも音を拡声させることで、聴衆の意識を集める工夫が施されている。

3. 移動式スピーカシステム
 「学園祭では生徒によるミュージカルや、演劇部の一人芝居などのイベントを行います」  と山形先生。演劇部が文部科学大臣賞を受賞するなど、かなり本格的な活動をされている。設備もそれに対応できる物をと、固定設備とは別に移動式スピーカを用意。広い音域の表現を可能としている。

 工夫は音響面だけではない。調整室に立ち入らずとも、舞台袖にあるコントロールパネルの電源をONにすれば、マイクの運用が可能である。他にも説教台に設けられたマイクフェーダ、舞台袖での映像切替など、ユーザビリティを考えた構築も特徴だ。

魁(さきがけ)ホール
同じ建物内にある小ホールで、チャペルからの映像と音が受信可能だ音響設備は山形先生も太鼓判!多目的な運用が期待される

 本来は相容れない長い残響と、明瞭度の高い拡声。しかし、水と油を混ぜる石鹸水の如く、最新の技術と、気配りの利いた構築をもって共存させる。そこにシステム音響の楽しみがあるのではないか、そんなことを感じた取材となった。

村田 将章 2010年6月15日社内報掲載

関連するソリューション
AV講義システム “人”が主役の授業作りをサポートする、たしかなICT技術
宴会場AVシステム 華やかな演出効果と 確実な催事進行を支えるバックアップシステム
ホールAVシステム 感動を与える映像、感性に響く音声

お問い合わせ

関連する導入事例
長崎大学医学部 良順会館 創立150周年を迎え、記念事業の一環として建設された良順会館。ホール内のAVシステムを施工。
昭和学院 キャンパス再整備 2007年度小学校の竣工を皮切りに2009年まで伊藤記念ホール、中学高等学校が整備。CALL/CAI教室、体育館、ホールなど幼稚園から短期大学まで様々な設備を納入。
高エネルギー加速器研究機構 2010年3月、建物の増改築にともない新たに200人収容の「小林ホール」が完成。HDMI、DVIといったデジタル信号によりプロジェクタから投影される映像はコンテンツの本来持つ画質をそのまま再現している。