姫路獨協大学 創立20周年記念ホール

地域と共生するマルチホール

2011年春に創立20周年記念ホールが完成。
電子ホワイトボードとガラススクリーンの活用、HDカメラでの講義収録や配信にも対応。

創立20周年記念ホール全景
正面の200インチガラススクリーンの存在感は、色調のユニークな間伐材の壁面にも負けていません

 兵庫県姫路市にある姫路獨協大学。
 2011年の春、ここに創立20周年を記念したホールが完成しました。充実した視聴覚設備を備えるだけでなく、地域社会との連携が考えられたホールとなっています。今回のESCの仕事はこちらのホールとそれに連なる18室の講義室の、映像音響設備です。

マルチな映像表示

これは2階の親子室と呼ばれる観覧スペースからの写真。
営業担当の今井さん曰く、ここからの眺めがオススメだそうです

 ホールに入ってまず一番に目を引くのは、正面上方に埋め込まれている200インチワイドのガラススクリーンです。シンボリックなホールにふさわしい存在感を放っています。舞台上には表面がホワイトボード仕上げになっている2枚の化粧扉があり、それを開くと85インチのプラズマディスプレイが現れる仕組みとなっています。
 ホワイトボードには電子ペンシステムが導入されており、ホワイトボードに書いた内容がそのまま、ガラススクリーンに拡大投映されます。書いた内容はPCに保存出来るので、授業後の配布資料やe−ラーニング教材作成にも活用出来ます。
 電子ペンシステム導入のボトルネックとして、「卓上の液晶ペンタブレットだと小さくて書き辛い」や「今までどおりのインクペンで書きたい」「学生とアイコンタクトを取りながら立って講義を行いたい」といった意見を耳にするが、これなら講義スタイルを変えることなく拡大投映&板書のデータ化が可能です。
 設置されたHDカメラを利用すると、プラズマディスプレイに映った資料映像やホワイトボードの板書、講演者の表情といった舞台全体をガラススクリーンに拡大投映することが出来る。電子ペンを利用しない場合でも、後方に座る人へ配慮したシステムとなっています。
 また、HDカメラの映像は別の中講義室2部屋へライブ配信可能となっています。これにより、新入生ガイダンスや就職セミナー、オープンキャンパスといったホール収容人数を超える運用の際も対応出来る為、マルチな運用が期待されます。

セパレート型講義収録ワゴン

  • 扉を全て閉じればシンプルな操作卓。
    しかし、ギミック満載の機能が隠れています
  •  
  • 分離可能な講義収録ワゴン

 マルチ映像システムの他にスポットを当てたい点として操作卓があります。注目して欲しいのは一番右のブロックです。天板上にモニタがあり、中にはHD対応モデルの講義収録装置が収納されています。実はこれ、分離して持運び可能なのです。ワゴンごとキャスターで転がしていけば、別の講義室でもカメラやPCを接続して手軽に講義収録が行えます。もちろん、講義室のみならず屋外のフィールドワーク時に運用することだって不可能ではないでしょう。

ホール正面から
通路は広めに取られており、車椅子も通りやすくなっています

模擬議場としての運用

 実際の運用事例をお伺いしたところ、現在入門演習ではちょっとユニークな運用がされているということです。
 前方の席は車椅子の利用を想定し取り外せます。その機能を利用し、座席レイアウトを変更することで前方で討論会を行い、それを後方の座席から見るといった模擬議場としての運用が行われています。HDカメラを利用した拡大投映だけでなく、講義収録装置を利用した、フィードバック学習を行うことも容易です。

ラインアレイによる音響

 スピーカはラインアレイスピーカを左右2本ずつ、計4本が導入されています。この規模のホール音響設備では、音の減衰が少なく、反響を抑えることができるラインアレイスピーカが近年主流となりつつあります。全ての音を前方から発信することで、舞台上に立つ講演者に、聴衆の注意を引き付けることが出来る点でも有効なシステムです。

小講義室
ESCのAVシステムスイッチャーは全て天板埋め込みタイプとなっています

統一された講義室AV設備

 ホール以外に計18室、講義室へAV設備導入を行っています。規模の差はあるが、講義室の操作システムは全てESCのAVシステムスイッチャーによる操作に統一しています。これにより、どの教室で講義を行っても迷うことなく、AVシステムの利用が可能です。

間伐材の利用と地域貢献

 このホール、壁面の大半が明るい独特の風味のある木材で造られている。これらは全て兵庫県の間伐材なのです。
 今回の計画では地域貢献が一つのキーワードになっており、間伐材の利用もその一つです。
 一般的に、間伐材はコストが高く、使い辛いとされています。そうした側面から利用は敬遠されがちであるが、その悪循環が更なる価格高騰と、森林環境の悪化を招いてるのが実情です。
 そこで近年は地域振興事業の一環として、間伐材を利用した事業では補助金を適応されることも多くなってます。今回の姫路獨協大学でも、そうした補助金を活かし、より地域と結びついたホールの完成に一役買っています。このホールによって、姫路獨協大学周辺の森林の美しさも保たれるのであれば、これもまた一つの環境保全、エコと言えるでしょう。また、通路スペースの確保や、板書の拡大投映といった、幅広い利用者を想定した設備内容も、講演会や公開講座で地域の方が利用しやすい環境となり、地域貢献の1つになりました。

 

 今後の展望として、遠隔講義システムを導入し、姫路駅前サテライト教室との連携といったお話もお伺いしています。やがては姫路獨協大学と姫路市、そして海外の諸団体とが森林保全についての国際サミットをこのホールで行うことになるのではないだろうかと、勝手ながら楽しみにしています。

村田 将章 2011年10月31日社内報掲載

関連するソリューション
AV講義システム “人”が主役の授業作りをサポートする、たしかなICT技術
ホールAVシステム 感動を与える映像、感性に響く音声

お問い合わせ

関連する導入事例
同志社中学校・高等学校 2010年4月、中高統合事業のシンボルともいえる岩倉キャンパスのグレイス・チャペルにAV設備を導入。チャペル特有の長い残響、そして多様なイベント運営に対応する為に音響設備に様々な工夫がされている。
高エネルギー加速器研究機構校 2010年3月、建物の増改築にともない新たに200人収容の「小林ホール」が完成。HDMI、DVIといったデジタル信号によりプロジェクタから投影される映像はコンテンツの本来持つ画質をそのまま再現している。