関西学院大学

社会福祉教育とAVシステムのコラボレーション!

2008年4月に開設された人間福祉学部。
その拠点施設となるG号館の多機能演習室と観察室/面接室に演習設備を導入。

多機能演習室
対面形式での実習模様を2台のビデオカメラで撮影。
1画面に2分割で表示・録画できます

 2008年4月、関西学院大学に新たに人間福祉学部が開設されました。それに伴い拠点施設となるG号館が建設され、今回ESCは同学部の要望の下、実践教育支援室室長の川島先生の協力を得て『多機能演習室』と『観察室/面接室』という2つの演習設備の導入に携わりました。

多機能演習室

多機能演習室
機器ワゴンは最大8台まで同時運用可能。可動式なので、片付けて様々な演習クラスや各種イベントにも活用されています

 この部屋には、関西学院大学では『コミュニケーションラボ』と呼ばれている設備が導入されています。これは社会福祉教育、特にソーシャルワーカー養成教育において、AV設備を利用し、面接技法の観察や分析だけでなく対人コミュニケーションを体験的に学ぶことを可能とするものです。 関西学院大学ではこれまでにもコミュニケーションラボを導入しており、今回ESCが導入した設備は第4世代と位置付けられています。
 新コミュニケーションラボの特徴は、まず何よりも操作が簡略化され使い易いという点です。また、録画メディアをあえて扱いの簡単なVHSにすることで、運用がスムーズになり学生の積極的な学習にも一役買っているそうです。

観察室/面接室

観察室からマジックミラー越しに見える面接室
観察室のプレビューモニタとカメラコントローラ

 この演習室は名前の通り面接等の様子を見ることを目的としており、マジックミラーによって面接室と観察室が仕切られています。鏡越しの観察だけでなく、面接室天井にある2台のカメラ(さらに持込で1台追加可能)を観察室から自由に操り、3台のプレビューモニタと、1台の50インチプラズマディスプレイで確認できます。また、ハードディスクへの録画も可能となっています。

コミュニケーションラボでの基本学習方法 DVD教材による対人支援シミュレーション
 or
面接、ロールプレイングによる体験学習
 ↓
2分割映像で録画
 ↓
フィードバック学習

専任講師の川島先生(右)
設計担当の西村さん(左)

 設計を担当した西村さんは、簡単に操作できる画面合成機や、精度のよい観察室のドームカメラを選ぶに当たり、機器ごとに丁寧にデモを行いました。川島先生の快い協力のおかげもあり、スムーズに機器を決定できたそうです。

 川島先生に今後の展望をお聞きしたところ、近年1対1の面接場面は減少傾向にあり、例えば地域活動等における多様なコミュニケーション能力が重要視されているそうです。その為、様々なシチュエーションに対応した学習が出来るものを作り上げて行きたい、とのコメントをいただきました。

 新入社員の私としては、AVシステムがソーシャルワーカーやカウンセラーの教育現場で役立っていたとは驚きです。今回の取材を通し、AVシステムの新たな可能性を感じました。
 いつかヴァーチャルリアリティを駆使したコミュニケーションラボが生まれる日も、そう遠くないかもしれませんね。

村田 将章 2008年8月28日社内報掲載

関連するソリューション
AV講義システム “人”が主役の授業作りをサポートする、たしかなICT技術
eラーニング/自動収録システム 講義の1つ1つが知的財産
現在を未来に残す
配信システム / スタジオシステム 地デジ化への対応、集中管理型の配信システム

お問い合わせ

関連する導入事例
関西福祉科大学・関西女子短期大学 大学本館、学園2号館、短大の教室AV設備改修工事。「最新のメディアを誰でも簡単に使える」がテーマ。
麻生塾 8号館 2008年8月、福岡キャンパス8号館『ASO SKY CUBE』が完成。Cooking Studio、製菓実習室、ブライダル実習室にAVシステムを納入。
株式会社エム・シー・アイ 専用のインタビュールームや会議室にシステムを納入。システムの二重化やプライバシー保護に留意した設計がポイント。