大阪学院大学 02-B1-01・02・03・04教室

講義室のフラッグシップを目指して

2013年からスタートした講義室改修計画。
200インチガラススクリーンを初めとした映像設備だけでなくハイクオリティな音響にも注目したい。

 2015年4月、大阪学院大学にてESCは【02-B1-01〜04教室】という4室の特色ある講義室改修に携わることが出来ました。 改修計画は2013年からスタートしており、映像、制御、音響、教室間の映像音響連携といった各設備を改修し、この4月ついにフラッグシップと呼ぶにふさわしい講義室の完成へと至りました。 今回の記事では盛りだくさんの設備の中から、特に注目したいポイントについてご紹介致します。

【02-B1-02 教室】照明をつけていてもこの明るさ! リアプロジェクタならではのものです
02-B1-02 教室シミュレーションデータ他の教室もこうしたデータを基に構築しています

 写真を見て最も目を惹くポイントは煌々と輝く映像です。200インチガラススクリーン3面に投映される10600lm3台の映像はまさに圧巻。思わず「え、これ大型の液晶ディスプレイ?」と勘違いしてしまうレベルの明るさと鮮明さを実現しています。

 さて、映像もさることながら02教室は音響にも注目です。写真では感動をお伝え出来ませんが、講義室のクオリティを遥かに超えた素晴らしい音圧と音色を実現しています。設計に際してはシミュレーションを行い最適な機種、員数、設置位置を導き出しています。選定機器はCommunity社のメインスピーカ3台、サブスピーカ8台、サブウーファ1台、シーリングスピーカ20台。Powersoft社のパワーアンプ、ClearOne社のデジタルミキサという構成で、特にパワーアンプはグラフィックイコライザ機能と750Wの出力を持つ非常にクオリティの高いモデルが導入されています。

 設計担当の西村さんに個人的にアピールしたいポイントは?と尋ねると、メインスピーカを天井内の最適な位置に取り付ける為に設計した特殊形状の金具が大変だったとのこと。他にも01、03、04教室のメインスピーカはベストポジションからの拡声を実現する為、なんと大型サウンドスクリーンの裏側に空中吊固定されています。決して表から見えない部分ですが、そうした妥協のない姿勢が最終的には単純な機器スペックだけでは生み出せない《+α》のクオリティとして表れているのではないでしょうか。

  • 02-B1-01
  • 02-B1-03
  • 02-B1-04
  • 【01・03・04教室】
     それぞれ特徴あるレイアウトの講義室ですが、AV設備は基本的には統一されています。操作は02教室を含めた各4室共に統一仕様のタッチパネルシステムとなっており、利用者はどの教室でも迷うことなく利用可能です。

    【パワーアンプ】
    青いメッシュグリルが美しいと感じるのは私だけでない…はず?

 近年、映像技術の目覚ましい発展により講義室における音響設備はやや軽視される傾向にあります。しかし、心地良い音色による講義はスッと聴講者の耳に届き、より高い集中を促す理想的な講義スタイルの実現に繋がるのではないでしょうか。

 細々と述べましたが兎にも角にも百聞は一見にしかず、もとい一聞にしかず? 小難しい理屈を抜きにしても是非一度体感して頂きたいと感じる、そんな素晴らしい講義室となっています。

村田 将章 2015年11月20日社内報掲載

関連するソリューション
AV講義システム “人”が主役の授業作りをサポートする、たしかなICT技術
ホールAVシステム 感動を与える映像、感性に響く音声

お問い合わせ

関連する導入事例
日本大学 通信教育部 1号館 新1号館各階の講堂にAV設備やサイネージを導入。隣接する日本大学会館のメディア編集室より各講堂の講義収録を可能に。
岡三証券グループ 津ビル 2013年9月、岡三証券グループ 津ビルが竣工。ESCは4階プラネタリウム施設のホワイエに24面のマルチディスプレイを導入。
久留米大学御井学舎 毎年継続的に御井キャンパスの教室AV設備を更新。タッチパネルや遠隔サポートシステム、操作卓などの使い勝手に好評を頂く。