昭和学院 キャンパス再整備

幼稚園から短期大学まで共に歩むAVシステム

2007年度小学校の竣工を皮切りに2009年まで伊藤記念ホール、中学高等学校が整備。
CALL/CAI教室、体育館、ホールなど幼稚園から短期大学まで様々な設備を納入。

伊藤記念ホール
座席560 席の本格的ホール ESCタッチパネルで簡単操作

 創立70周年を迎える学校法人昭和学院は、千葉県市川市にキャンパスを構える学校です。幼稚園、小学校、中学校・高等学校、短期大学を有し、明敏謙譲(明朗にして健康で、自主性に富み、謙虚で個性豊かな人間)を理念に掲げています。2007年度小学校の竣工を皮切りに、2009年まで伊藤記念ホール、中学高等学校が整備されました。また今後、幼稚園や中学高等学校体育館の整備も予定されており、AV設備の導入も計画されています。それぞれ利用する先生、生徒は異なりますが、システムの基本的な操作性は統一されています。再整備計画も完成に向かう中、各学校で特徴的な設備を取材させていただきました。

昭和学院中学校・高等学校

・クラスルーム
 各クラスルームには、全館放送用のディスプレイが設置されています。先生が教室に持込んだパソコンやDVDなどをディスプレイに投映できるようになっています。何とディスプレイは、小学校にも設置されているそうです。

・パソコン教室(CALL/CAI教室)
 語学及び情報処理教育を行うパソコン教室も充実しています。特に、CALL教室の生徒用パソコンは、自由で円滑なグループワークを行うためにラップトップパソコンが採用されました。よりコミュニケーションが取りやすい配慮がなされています。

・放送室
 生徒が各クラスルームへ向けて放送を行うためのスタジオ設備を有します。この教室から様々な情報が発信されます。

・プラネタリウム
 理科教室の隣にある分厚い扉を開けると、広々とした空間が広がります。そこは、理科実習の一環として作られた座席数41席のプラネタリウムです。実習の前後、教材提示として利用される予定です。

  • クラスルーム
    教室内中央にディスプレイを設置
  • プラネタリウム
    プラネタリウムとは別に映像提示が可能です
  • パソコン教室
    グループワークも活発にできるすっきりレイアウト

伊藤記念ホール

創立記念館

 このホールでは式典だけでなく、公開講座やオープンキャンパスなど、重要なイベントが行われます。舞台袖と映写室での2ヶ所操作はもちろん、他にも本格的なホール設備を備えています。
 伊藤記念ホールの前には、「創立記念館」という建物があります。創立記念館は創立者伊藤友作氏の自宅として使われたもので、当時の建物に改修を重ねて移設したものです。
 創設時の建造物と、未来に向けて建設された校舎が共存するキャンパスに今年もたくさんの生徒が入学し、新たな歴史を刻んでいくことでしょう。

武藤 阿貴 2010年6月15日社内報掲載

関連するソリューション
AV講義システム “人”が主役の授業作りをサポートする、たしかなICT技術
CALLシステム これからの時代を生きる“国際人”育成の為に
ホールAVシステム 感動を与える映像、感性に響く音声
体育館AVシステム 館内全体に明瞭な音声を届けます

お問い合わせ

関連する導入事例
長崎大学医学部 良順会館 創立150周年を迎え、記念事業の一環として建設された良順会館。ホール内のAVシステムを施工。
大正大学 7号館(新教育・研究棟) 大正大学 7号館(新教育・研究棟)が2010年3月末に竣工。今回、ESCはその7号館の教室を中心に計17室のAV設備を納入。ユーザーインターフェイスの統一化により、どの部屋を利用する時でもスムーズな運用が期待できる。
同志社中学校・高等学校 グレイス・チャペル/魁ホール 2010年4月、中高統合事業のシンボルともいえる岩倉キャンパスのグレイス・チャペルにAV設備を導入。チャペル特有の長い残響、そして多様なイベント運営に対応する為に音響設備に様々な工夫がされている。