東京大学大学院情報理工学系研究科 I-REF棟

最先端技術研究の新舞台!

2013年9月、東京大学弥生キャンパスに創造情報学専攻の新たな研究拠点としてI-REF棟が誕生。
6階 ホールではiPadでのリモートなど、フレキシブルな設備を実現している。

 2013年9月、東京大学弥生キャンパスに創造情報学専攻の新たな研究拠点として、I-REF棟が誕生しました。I-REF棟は卓越した最先端技術を研究・発信する創造情報学専攻が秋葉原拠点から弥生キャンパスへ活動の舞台を移すにあたり、6階建ての旧IML(インテリジェント・モデリング・ラボラトリー)がまるごと一棟リノベーションされました。各階にはそれぞれコンセプトが与えられています。今回ESCは6階Hilobby(ヒロビー:広場+ロビーの造語)のホールにAV設備を導入しました。

6階 ホール全景
天井がとても高く開放感がある

 ホールに入ってまず目に飛び込んでくるのは、天井高約7mの大空間と東側の開口部から入ってくる自然光が織りなす開放感です。白色に統一された壁やガラス張りの天井からは最先端技術の研究施設のイメージとして相応しい未来的な印象を受けますが、集成材梁や赤レンガが施されたシステムフロアに目をやると、どこか懐かしい温もりも感じられます。什器はレイアウトフリーで、セミナーや会議、グループワークなど様々な用途に対応可能となっています。

  • (1)パイプラインスピーカー 
    (2)システムフロア:どこか懐かしい赤レンガがデザインされている
    (3)床外部入力パネル:システムフロアの通線溝を利用
  • S:パイプラインスピーカー P:可動式プロジェクター
    ルームモードによってスピーカーの音量モードを切替

 映像音響設備は、この空間をいかにフレキシブルに利用できるかをポイントとしています。プロジェクターは可動式になっており、用途に合わせて長手と短手の2方向の壁に投映が可能です。スピーカーには直径3・8㎝のパイプラインスピーカー(2台スタック)とサブウーファー(壁埋込)がホールの四隅に常設されています。正直、「これがスピーカーです」と言われるまで気が付かないくらい空間に溶け込んでいます。

スマートデバイスによるコントロール

iPad操作画面
バックヤードのAVラック内には有線タッチパネルも常設されている

 ホール内AV設備及び照明設備のメインコントロールはiPadで行っています。iPad画面上で『Rinko』、『Lecture』、『Meeting』の3つのルームモードから選択すると、それぞれのモードに合った最適な照明に設定されます。また、四方に設置されたスピーカーも、ルームモードに合わせて各スピーカーの拡声音量に強弱をつけることによって、正面(話者)方向を切り替えることができます(上図参照)。
 常設のスピーカーにもかかわらず、デジタルミキサーのプリセット(音量モード)を各ルームモードに紐付けることで、ホールのフレキシブル性を実現しました。

I-REF棟外観
1階 Entry 2階 Lobby 3階 Factory
4階 Library 5階 Laborator 6階 Hilobby

 I-REF棟は、『東大グリーンICTプロジェクト』の一環として、建物のスマート化が実施されています。ベンダーの異なる空調設備や照明設備を通信規格IEEE1888によりデータ連携を行い、統合管理やiPadでのコントロールも行える上、機器レベルでの消費電力の見える化も可能になっています。将来、プロジェクターやアンプなどがこの通信規格に対応することができれば、AV設備における最も有効的な省エネ貢献の手段になるのではないでしょうか。

※東大グリーンICTプロジェクトとは

 消費電力削減による地球環境保全と活動環境の改善を目的とした産学連携プロジェクト。これまで個別に運用管理されていた施設の設備制御管理システムを相互接続し、投入・配送・消費エネルギーの状況を収集及び見える化し、ITによる省エネとIT環境自体の省エネの両立の実証的検証を行っている。
 東大グリーンICTプロジェクトホームページ http://www.gutp.jp/

※IEEE1888とは

  2011年に正式承認された「スマートコミュニティ」や「ビルエネルギー管理システム」等向けの国際標準化されたオープンな通信規格。東大グリーンICTプロジェクト代表の東京大学大学院情報工学系研究科の江崎浩教授を中心としたグループが開発。

郡司 奈緒美 2013年12月16日社内報掲載

関連するソリューション
AVプレゼンテーションシステム自分の考えを的確に伝え、相手を惹きつけるプレゼン環境つくり
AV講義システム“人”が主役の授業作りをサポートする、たしかなICT技術

お問い合わせ

関連する導入事例
東京大学法学部 模擬法廷教室2012年9月、東大法学部・大学院法学政治研究科に模擬法廷教室が新設された。本格的な模擬法廷教室に調和しながらAV機器が収納されている。
沖縄セルラー電話株式会沖縄伝統のミンサー柄を基調とした外観の新社屋。会議室AV設備の他、ラウンジのBGM設備や食堂のサイネージシステムなどを導入。
東京大学 伊藤国際学術研究センター489人収容の伊藤謝恩ホールでは高解像度プロジェクタ、無線会議マイクを納入。会議室や教室設備だけでなく交流ラウンジや食堂にもAVシステムを配置し、様々な場所でプレゼン、発信、共有が行える。