AV講義システム

“人”が主役の授業作りをサポートする、たしかなICT技術

インターネット社会が進展するなかで、AV(映像音響)とIT(情報技術)の境はますます低くなっています。
私たちが目指すのは、先生と学生とがより近くなるシステム作りです。さらに、学生が自ら問題解決を行い、自己の知見を加えて発表出来る活気ある教室作りを、先生や職員の方々と共に考えています。

関連する導入事例
日本大学 通信教育部 1号館 新1号館各階の講堂にAV設備やサイネージを導入。隣接する日本大学会館のメディア編集室より各講堂の講義収録を可能に。
大正大学 7号館(新教育・研究棟) 大正大学 7号館(新教育・研究棟)が2010年3月末に竣工。ユーザーインターフェイスの統一化により、どの部屋を利用する時でもスムーズな運用が期待できる。
武蔵野大学 有明キャンパス 創立80余年もの歴史を持つ武蔵野大学の新キャンパスが東京臨海副都心地区に誕生。タッチパネル操作部を中心に使い勝手を統一した教室AV設備とサポート機能を強化した遠隔監視システムを導入。
お困りではありませんか?
  • キャンパスや新学科新設にあたり教室設備計画を行いたい
  • 既存AV設備の改修を計画している
  • 扱いが簡単で、管理もしっかり考えられた教室設備を整えたい
  • 助成金活用、申請のサポートを

お問い合わせ

関連するソリューション
eラーニング/自動収録システム 講義の1つ1つが知的財産
現在を未来に残す
アンケートシステム 学生や参加者の考えを瞬時に可視化
遠隔講義システム “地”と“地”を繋ぐ遠隔講義システムが、“知”の拠点作りをサポートします
電子黒板システム 授業やプレゼンテーションにアクセントを “ハイブリッド電子黒板システム”

取り扱いメーカー