岡三証券グループ 津ビル

津から宇宙へ~90周年の新たな挑戦~

2013年9月、岡三証券グループ 津ビルが竣工。
ESCは4階プラネタリウム施設のホワイエに24面のマルチディスプレイを導入。

岡三証券グループ 津ビル 全景

 今年で創業90周年を迎える岡三証券グループ。その発祥の地である三重県津市に、平成25年9月20日、岡三証券グループ 津ビルが竣工しました。これは、90周年事業の一環で、新しいサービスを提供するという考えのもとプラネタリウムやテレビのサテライトスタジオ等が併設されています。その中で、ESCは4階プラネタリウム施設のホワイエに24面のマルチディスプレイを導入しました。
 マルチディスプレイには、春夏秋冬をテーマとしたコンテンツが流れており、訪れた人々はプラネタリウムで星空を堪能したあと、迫力の大画面で地上の四季折々の映像を楽しむことができるようになっています。
 今回のプロジェクトの中心となった、岡三証券グループの西青木様にお話を伺いました。

津ビルのコンセプトについて

神楽洞夢(かぐらどうむ)
4Kのプロジェクタ5台で構成されている世界でも屈指のプラネタリウムです。名前の由来は、三重県が神に縁のある地であることから、‘神の楽しむ夢の空間’という意味を込めて名付けられました

 津は岡三証券の発祥の地であり、今回の津ビル建設にあたっては地域貢献できるものを創りたいという思いがありました。その中で案として出てきたのがプラネタリウムでした。来年4月の本格オープンに向け、顧客や地域の人々への公開、小学生向けの学習投映も企画されています。宇宙飛行士になった山崎直子さんが、かつてプラネタリウムを見て宇宙飛行士を目指したように、子供たちに夢を与えられたらいいな、と考えています。

マルチディスプレイについて

ホワイエ マルチディスプレイ
55型×24面(縦4面×横6面)ディスプレイの両サイドにはスピーカとウーファも設置されており、臨場感のある映像・音声を楽しむことができます

 もともと映像にはこだわりがあり、目で楽しめるものにしたいと思いました。
 ディスプレイには、〈春・アフリカの大地〉〈夏・沖縄の海〉〈秋・カナダの紅葉〉〈冬・オーロラ〉の映像が流れています。さらに、四季の映像以外にもほぼ等身大のジンベイザメが泳ぐ姿も流しています。
 プラネタリウムで宇宙を見た後には、ディスプレイの映像で地上の四季を堪能してもらえればと思います。

今後の展望について

 神楽洞夢は、プラネタリウムとしてだけではなく、ドームを使ってプレゼンテーションをしたり、投資コンテンツを流したり、ということも考えています。これからプラネタリウムを活用して効果的なプレゼンテーションやコンテンツの研究をしていきたいと考えています。
 地域の人々との交流など新たなサービス拠点として誕生した津ビル。岡三証券グループの100週年へ向けた新たなフェーズの幕開けです。

  • 担当営業 米澤さん

染谷 直子 2013年12月16日社内報掲載

関連するソリューション
デジタルサイネージ観る人の感性に響き合うシステムつくり

お問い合わせ

関連する導入事例
ニフティ株式会社新宿フロントタワービルに本社を移転。受付の6面マルチ液晶ディスプレイや会議室のプレゼンテーションシステムなどを導入
大東文化大学 東松山キャンパス 創立100周年に向けて大規模再整備が行われた東松山キャンパス。教室AV設備の他、コモンスペースへサイネージシステムが整備された。
岡三証券 本社移転プロジェクト平成23年1月、東京日本橋室町に本社機能の一部を移転。セミナールームでは、高精細で大画面を実現した60インチ4面のマルチ液晶ディスプレイを採用。